沖縄に家族旅行に来たらおきなわキッズでみんなでワクワクドキドキ!家族みんな沖縄でたくさん体験しなきゃ!

家族みんなで沖縄を楽しむにはおきなわキッズで!

覚えておきたい沖縄の海の危険な生物

毎年沢山の観光客が訪れる沖縄。ショッピングや郷土グルメが旅行目的という方もいますが、大半の方は沖縄の自然体験を目的とされているのではないでしょうか。
多くの自然が残されている沖縄の海は青く透き通っており、スノーケリングやダイビングなど様々なアクティビティーを体験することができます。
しかし、美しい海の中には綺麗なサンゴや魚だけでなく、危険な生物もひそんでいます。安全に楽しく沖縄の海を満喫できるように、こちらでは海の危険な生物をご紹介いたします。

ハブクラゲ

入り江や浅瀬などにひそんでおり、海水浴やスノーケリング時に被害にあわれる方が多くいらっしゃいます。そのため、スノーケリングを行う際は、ウェットスーツなどを着用して身を守りましょう。

またハブクラゲを発見した際、離れている距離でも安心はできません。その触手は、約1.5メートルにもなるので気をつけましょう。刺されると激痛が走り、ミミズ腫れやかゆみが引き起こされます。
もし刺された場合は、お酢を刺された部分にかけ、触手をピンセットなどでとり、氷水で冷やして病院で診てもらいましょう。

ガンカゼ

ウニの棘が長くなったような姿をしているガンカゼは、浅い岩場やサンゴ礁に生息しており、棘に刺さると激痛が走ります。もし棘が刺さった場合の応急処置は、目に見える部分はとり除いてください。
その後、真水で傷口を消毒しましょう。棘が折れていて体内に残っている可能性もあるので、必ず病院を受診することが大切です。

オニヒトデ

サンゴを食べるためサンゴ礁に多くの被害を出しているオニヒトデですが、全身が棘で覆われているため素手で触るのはとても危険です。棘が刺さると激痛が数時間、もしくは数日続くことがあります。もし刺さった場合は、棘が折れないように真っ直ぐ抜いて、痛みを和らげるために、40℃~45℃のお湯に刺された部分をつけ、早急に病院で診てもらいましょう。

家族沖縄自然体験を計画されているご家庭も多いでしょう。自然は多くのことを学べますが、思い通りにはならないので、注意しながら楽しむことが大切です。

おきなわキッズでは、スノーケリングや、ファミリーボートクルーズボートスノーケリングダイビングファンダイビングなど、多くのアクティビティーを体験することができます。

お子様だけで参加することができるキッズプログラムやファミリープログラム、パパママプログラムなどのコースプランもご用意しておりますので、家族で存分に沖縄自然体験を楽しむことができます。家族での沖縄旅行を計画されている方は、ぜひおきなわキッズをご利用ください。


おきなわキッズ おきなわキッズ